スポンサードリンク
関東近辺

しなの鉄道の公共交通機関としての立ち位置

従前から、長野県にある第三セクターの鉄道であるしなの鉄道に乗車する機会が時よりある。最近も一部区間を乗車する機会があったのだが、乗車した軽井沢駅が立派に改装されているのに驚いたのと同時に違和感を覚えた。 地域公共交通機関である第三セク...
パソコン

iPhone X ゲット!納品までの日々の記録・開陳の儀(SIMフリー版)

2017年11月に発売が開始されたiPhone Xを、筆者も入手した。 今年は、初代iPhoneが発売されてからちょうど10年たつので、今年には何かあるのではないかと、2年間おとなしく待っていたら、予想通りの大作が発表されたので、筆者...
フード・お菓子

フルーツピークスのスイーツを首都圏でも

福島県の磐越西線などを走るカフェ列車の「フルーティアふくしま」号の記事を別稿で紹介しているが、その列車で出されるスイーツのケーキとタルトは、福島県にある果物屋さんのフルーツピークスさん(fruits peaks)の商品である。列車で提供さ...
スポンサードリンク
運賃(おトク!)

「スマートEX」利用体験(新幹線予約)【実乗】

本稿では、東海道・山陽新幹線の新しい予約・乗車システムである「スマートEX」サービスを実際に利用し、交通系ICカード1枚ですべての乗り降りができてしまう利便性の良さを共有する。 実際に移動したのが、発駅は、TOICAエリアである東海道線吉...
運賃(おトク!)

「e特急券」利用体験:おトクに新幹線に乗車!【エクスプレス予約】

東海道・山陽新幹線では、特定のクレジットカードとネットを利用した「エクスプレス予約」(会費有料)を利用できる。所定の運賃・料金よりもかなりおトクに乗車できるのだが、以下のような制約・弱点があることを留意する必要がある。 その弱点をカバーする...
運賃(おトク!)

「スマートEX」と「EX予約」(新幹線予約)違い【運賃料金比較・予約のしかた】

本稿では、東海道・山陽新幹線のネット予約サービスである、「スマートEX」と既存の「エクスプレス予約」(従前のプラスEX会員を含む)の主な違いについて解説したいかと思う。 公式サイトではその違いがいまいちわかりにくいのだが、その違いの大きなと...
運賃(おトク!)

「スマートEX」(新幹線予約)【新規登録のしかた】

東海道・山陽新幹線のネット予約サービスである、「スマートEX」のサービスが、2017年9月30日から開始されたが、筆者も既存のエクスプレス予約との違いが知りたくて、実際に登録して予約の仕方まで確認したので、それを共有しようかと思う。 スマ...
千葉県

チーバくんを応援しています!

チーバくんとは、千葉県が観光をPRするためのマスコットキャラクターである。 千葉県内では、商品やサービスによく使われているのを目にする。 本ブログでもチーバくんのデザインを使用させていただくことができたので、その経緯を簡単にご紹介したい...
イベント

つくばエクスプレスまつり2017 体験【後編】

本稿は、茨城県つくばみらい市で2017年11月3日に開催された、つくばエクスプレスまつり2017に実際に行って、車両基地の内部を見学した体験のうち、事前告知から車両基地に着くまでの顛末を綴った前編の記事に続く、車両基地内のことを綴った後編の...
イベント

つくばエクスプレスまつり2017 体験【前編】

東京秋葉原と茨城県つくば市をむすぶ、つくばエクスプレスの車両基地(茨城県つくばみらい市)が毎年1日だけ開放されるイベント、「つくばエクスプレスまつり」に、2017年11月3日に行ってきたので、本稿ではその様子をご紹介したい。 どの鉄道...
関東近辺

東急池上線フリー乗車デー(営業路線無料開放)

東急池上線の開通90周年を祝ってという名目で、2017年10月9日に同線が一日乗車運賃無料で開放された。 このような鉄道の営業路線が無料開放されるということをかつて聞いたことがなかったので、筆者もついつい現地まで足が向いてしまった。その時...
関東近辺

諏訪湖新作花火大会臨時電車の様子【2017年版】

9月第一土曜日(2017年は9月2日)に行われる諏訪湖新作花火大会は、公式情報で約30万人の人出があるイベントだが、鉄道の様子を少しだけ写真を中心に振り返ってみたい(あくまでも、花火見物が主な目的であったが)。 花火大会開始前 会場最寄...
関東近辺

わたらせ渓谷鐡道「トロッコわたらせ渓谷号」乗り鉄

本稿では、群馬県桐生市と栃木県日光市(旧足尾町)を結ぶ、わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車をご紹介したい。 この路線は、国鉄時代の足尾線の廃止後、第三セクターに移行した路線で、北関東の一ローカル線である。そのローカル線に、週末を中心にトロッコ...
関東近辺

「SL/EL碓氷」号乗車体験・横軽廃線跡(アプトの道)散策

群馬県内のJR各線で運行されているSL列車のうちで、信越本線を走るSL碓氷号・EL碓氷号を乗車する機会を得たので、その様子をご紹介したい。 また、その乗車に合わせておすすめの、廃線跡の散策コースについても、合わせてご紹介したい。 S...
関東近辺

「S-TRAIN」乗車体験【東急電鉄区間のみ】

S-TRAINは、西武鉄道が主体になって、東京メトロ副都心線と東急電鉄東横線・横浜高速鉄道に乗り入れを行う座席完全指定制の電車である。座席指定料金が有料の、ホームライナーのような電車である。車両は、西武鉄道の40000系が使用されている。 ...
運賃(おトク!)

地下鉄千代田線とJR常磐線各駅停車 運賃の怪奇

普段何気なく乗車している地下鉄千代田線だが、相互乗り入れしているJR常磐線(各駅停車)との運賃計算方法が恐ろしく複雑怪奇である。 そのために、いまだに通過連絡運輸の制度が残っているし、乗車券類の様式も、特殊なものになっていて興味深い。 本...
運賃(おトク!)

新幹線乗車で東京近郊区間を外れる小ワザ

首都圏を離れるトピックではないのだが、今回は1年ぶりにJRで補充券を発券してもらうレアケースとなった。 そのキーワードは、新幹線に乗車する場合は東京近郊区間を外れるために原則、乗車経路通りにきっぷを購入しなければならないところである。 ...
関東近辺

東武快速乗り納め(浅草駅まで)

本稿では、2017年4月21日のダイヤ改正で、浅草駅-南栗橋駅の区間で静かに消えた東武鉄道本線系統の快速・区間快速電車の乗り納めについて振り返りたい。 地方ローカル鉄道の啓発を行うのも本ブログの役割だと思っていただけに、最近は投稿のテ...
千葉県

快速「南房総満喫号」乗車体験

筆者が好きな千葉県の館山駅からの帰りに、臨時快速電車の「南房総満喫号」(上り列車9122M)に乗車する機会を得たので、簡単にその様子をまとめたい。 2017年の春分の日の三連休の中の一日を利用して、近場への乗り鉄として乗車した。 館...
のりもの

山手線トレインネットで電車の混雑度を測る

山手線トレインネットは、スマートフォン用アプリである「JR東日本アプリ」に実装されている機能の一つで、山手線の運行情報、電車の走行位置や各電車の混雑度を車両単位で見ることができるものである。 例えば、前後のどの電車が空いているから、電車を...
運賃(おトク!)

えきねっとトクだ値 筆者の利用記録 2016年7月-12月分

えきねっとの早割料金である「トクだ値」で利用したJR東日本の列車について記事にするのを失念していたため、今レビューしておきたい。 2016年の後半については、関東周辺の乗車分になるが、鉄道ファンだけではなく、一般の方にも参考になるかと...
きっぷ(紙鉄)

青春18きっぷ「赤券」国鉄時代から発売終了までの変遷

青春18きっぷはJR全線(普通・快速列車のみ)に乗車できる季節限定期間発売の乗車券であるが、歴史の長い乗車券でもあり、筆者も学生時代から長い間利用してきた。 さすがに、本稿では発売当初の「青春18のびのびきっぷ」の時代までは遡れないので、...
関東近辺

東武大師線 正月三が日の輸送

東武大師線は、東京都足立区内の西新井駅と大師前駅を結ぶ、わずか1kmの路線である。 東武鉄道線内でもローカル線の部類に入るのだが、沿線に西新井大師(総持寺)という大きな寺院を擁する点がポイントである。 普段の大師線は至って静かなもの...
千葉県

外房初日の出号で見る初日の出@千倉海岸(2017年新年挨拶)

2017年が始まった。本ブログを愛読下さっている読者様には、新年のあいさつとともに、日頃からの感謝を申し上げたい。 今年最初の記事は、やはり鉄道ネタがらみである(笑)。臨時特急の外房初日の出号に乗車し、終点の千倉駅(千葉県南房総市)から東...
関東近辺

東武特急 りょうもう号 手売りきっぷで乗車

今回乗車した特急りょうもう号は東京の浅草駅から群馬県の太田駅及び赤城駅を結ぶ特急電車であるが、沿線地域にはJR線が東京まで直通していないため、東武特急にかなりの需要がある。 東武鉄道は奥が深く、東京都心近郊の大量輸送から、栃木県と群馬...
千葉県

流鉄(千葉県)乗り鉄・紙鉄

流鉄は、千葉県松戸市と流山を結ぶわずか5.7kmの近郊のローカル線で、全区間の所要時間はわずか12分である。現在正式社名である流鉄は、かつては総武流山鉄道であった時代もある。現在は沿線をJR武蔵野線とつくばエクスプレス線が走り、流鉄の存在意...
千葉県

銚子電鉄のおもしろいきっぷたち~もっと

先日、サンキュー♥ちばフリーパスを利用して出かけてきた、千葉県銚子市の銚子電鉄の駅には自動券売機がなくて(JR銚子駅を除く)、基本的に人手を介して運賃収受=乗車券類の発行を行っている。 今年の正月に、本ブログにおいて銚子電鉄の一日乗車券や...
運賃(おトク!)

4社線連絡片道乗車券:北千住⇔会津若松

東京から福島県の会津若松市までの交通手段としては、東北新幹線+磐越西線の鉄道乗り継ぎと、高速バスを利用する方法が考えられるが、在来線を利用する方法がある(東北本線ではなく)。 東京は浅草駅か北千住駅からとなるが、東武鉄道、野岩鉄道、会...
千葉県

サンキュー♥ちばフリーパスで乗り鉄【小湊鐡道・里山トロッコ:2016年版】

千葉県内の鉄道や一部の路線バスが乗り放題のきっぷ、サンキュー♥ちばフリーパスが2016年の秋、期間限定で発売されていたので、筆者も利用して出かけてみた。 今回は、前回の銚子電鉄編に続き、小湊鐡道を走る新しいリゾートトレイン、里山トロッコ号...
千葉県

サンキュー♥ちばフリーパスで乗り鉄【銚子電鉄:2016年版】

千葉県内のJR線全線とローカル私鉄3社の全線、南房総はじめ一部の地区の路線バスが2日間乗り放題のフリーパスが、2016年の秋に、サンキュー♥ちばフリーパスとして発売された。 JR千葉支社と千葉県がコラボしてできた商品とのことだが、個人的に...
東日本(その他)

只見線 紅葉の乗り鉄

JR只見線は、福島県の会津若松駅から奥会津地方を通り、新潟県の魚沼地方、小出駅を結ぶ長大なローカル線である。実は、地理的には首都圏から割と近い路線であるが、新幹線の駅に直結していないため、意外にアクセスしにくい路線である。しかしながら、寄り...
イベント

大井川鐡道 SLフェスタ&紙鉄をいくらか

静岡県中部にある大井川鐡道(以下、鉄道と表記する場合あり)のホームページをたまたま眺めていたら、2016年10月22・23日の週末に、同鉄道の新金谷駅構内でSLフェスタが開催されるというので、東京から遠路はるばる大井川鐡道まで出かけてみた。...
関東近辺

小田急ロマンスカー 変わったきっぷで乗車【旧あさぎり号編】

小田急ロマンスカーは、小田原や箱根だけではなく、静岡県の御殿場駅(JR東海御殿場線)まであさぎり号が直通している。乗車するために購入する紙のきっぷが他の電車とは違って、注意してみるといろいろ気づく点があるはずである。 東京から御殿場への特...
イベント

第23回鉄道フェスティバル@日比谷公園で紙鉄三昧

10月の三連休は、遠出しないでおとなしくしているのだが、それは、東京の日比谷公園で毎年開催されている、鉄道フェスティバルに行くためでもあった。 鉄道趣味をやってから長い期間がたつが、このイベントに出かけたのは実は初めてのことだった。 ...
東日本(その他)

「越乃Shu*Kura」号の魅力(2016年アップデート版)

日本酒とジャズがテーマのリゾートトレイン、越乃Shu*Kura号に再び乗車する機会を得た。新潟県の上越妙高駅から長岡駅を経由し、十日町駅まで走る列車である。 2015年10月に乗車した時の記事には、この列車の予約方法や乗車記録が詳細に...
東日本(その他)

「おいこっと(OYKOT)」号 乗車体験

長野県北部に位置するJR飯山線にも、リゾートトレインが走っている。 「おいこっと(OYKOT)」という、いかにも風変わりな名称の列車に乗車した。 コンセプト・客層 「おいこっと」とは、「TOKYO」を逆順にすると「OYKOT」...
東日本(その他)

「雪月花」号(えちごトキめき鉄道)乗車体験 【花コース:乗車編】

本稿では、新潟県のえちごトキめき鉄道を走るリゾートトレイン、雪月花(せつげっか)号の、実際に乗車した場面を紹介したい。 この列車に乗車するまでの予約手順など顛末については、コチラを先にご覧いただきたい。 実際に乗車するまで 上...
東日本(その他)

「雪月花」号(えちごトキめき鉄道)乗車体験 【花コース:予約編】

新潟県のえちごトキめき鉄道を走るリゾートトレイン、雪月花(せつげっか)号に乗車するチャンスがあったので、早速その様子をご紹介したいかと思う。 雪月花号の誕生秘話 えちごトキめき鉄道は、北陸新幹線の並行在来線(旧北陸本線、...
関東近辺

諏訪湖花火大会における鉄道臨時輸送を愉しむ【2016年版】

長野県諏訪市の諏訪湖畔では、毎年8月15日に諏訪湖花火大会(人出約50万人)、9月第1土曜日には全国新作花火競技大会(人出約30万人)が催される。公共交通手段であるJR中央本線・篠ノ井線も、この開催に合わせて臨時の増発態勢に入る。それに伴い...
イベント

東急線電車スタンプラリー2016 コンプリート!

毎年夏休み期間に各地の鉄道会社で繰り広げられているスタンプラリーだが、2016年の夏、筆者も東急電鉄でこの夏参加し、コンプリートした。 前稿にてご紹介した東急線環状経路の乗車の際に始めたスタンプラリーで、すでに景品の硬券3枚をゲットしてい...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました