関東・甲信越

「紅葉いろは日光」号 乗車体験

栃木県宇都宮市のJR宇都宮駅と日光市のJR日光駅を結ぶ、延長40km強のJR日光線。日光・鬼怒川の足としては東武日光線・鬼怒川線が優勢なため、JR日光線は目立たない存在であるが、ジャパンレイルウェイパスなどのフリーきっぷを持つ外国人には支...
きっぷ鉄(紙券)

名古屋鉄道環状経路を補充券で乗り鉄!

愛知県と岐阜県内を細かく網羅している名古屋鉄道のネットワーク。路線数が多く、密なので、大回り乗車できる環状経路が2通り存在する。 (1) 枇杷島(名古屋本線)名鉄岐阜(各務原線)新鵜沼(犬山線)枇杷島(2) 須ヶ口(津島線)津島(尾...
きっぷ鉄(紙券)

東海交通事業城北線乗り鉄・きっぷ【補充券発売終了】

勝川駅(愛知県春日井市)から名古屋市西区を経て、枇杷島駅(愛知県清須市)まで、名古屋北郊の地域を走る、城北線。11.2kmの短い区間を結ぶ路線です。 この路線は、JR東海の子会社の東海交通事業という会社によって運営されています。準J...
西日本・四国

近鉄特急「しまかぜ」号乗車体験

大阪・京都・名古屋から三重県の伊勢志摩を結ぶ近鉄特急。その中でも異彩を放つ観光列車の「しまかぜ」号。全席デラックス席およびサロン個室の特別な列車に乗車する機会を得たので、本稿でその体験を共有したい。 しまかぜ号は、大阪難波駅、京都駅...
きっぷ鉄(紙券)

近鉄準環状経路乗り鉄(王寺駅→新王寺駅)

近鉄線の路線図を見ると、大阪府と奈良県の地域にかけて、電車に乗って一周できる経路が存在する。大阪府東大阪市の布施駅から奈良市の大和西大寺駅、橿原市の大和八木駅を経由して、布施駅に戻る経路である。さながら近鉄ランドである。 本ブログで...
西日本・四国

近鉄特急「青の交響曲」乗車体験

近鉄南大阪線の大阪阿部野橋駅(大阪市阿倍野区)と吉野線吉野駅(奈良県吉野町)の間は概ね30分間隔で特急電車が運行されているが、そのうち2往復が観光特急の「青の交響曲(あおのシンフォニー)」として運行されている。 大阪から橿原神宮や吉...
関東・甲信越

富士急行「富士山ビュー特急」(スイーツプラン)・「富士登山電車」乗車体験

山梨県大月市の大月駅から富士吉田市の富士山駅を経由し、富士河口湖町の河口湖駅までの26.6kmを結ぶ富士急行線。世界遺産である富士山にアクセスするのに便利な路線で、多くの外国人観光客が利用して混雑することが多いのだが、そんなせわしない路線...
関東・甲信越

「富士回遊」号|指定席特急券の買い方・乗車体験~「あずさ・かいじ」号と同じシステム~

JR中央線を走る特急列車「富士回遊」「あずさ」「かいじ」号の乗車方法が、2019年3月のダイヤ改正から大幅に変わりました。 従前あった自由席の設定がなくなり、全車指定席化されました。それによって、乗車前に指定席特急券を購入するのが原...
関東・甲信越

お座敷列車「伊東初日の出」号で初日の出を拝む(2019年新年挨拶)

2019年の元日に、東京新宿駅から伊東線伊東駅(静岡県伊東市)を結ぶ初日の出鑑賞のための臨時列車「伊東初日の出」号に乗車したので、年頭のごあいさつを兼ねて、その乗車体験を本稿で紹介したい。 伊東初日の出号は、485系電車を改造したお...
東海

「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」実際に使って乗り歩き~東海道新幹線にも乗車~

事前に買うのに苦労した「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」の利用を始める日が、いよいよやってきました! この記事では、2018年9月の連休に「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」を利用して、実際に東海道新幹...
運賃制度

「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」の買い方解説~ちょっと複雑な東海道新幹線乗車の条件~

JR東海管内のJR線と16の鉄道会社の路線に、週末2日間乗り放題の「JR東海&16私鉄 乗り鉄★たびきっぷ」を利用できる機会が、ついにやってきました! 2018年9月の三連休に名古屋で用事があるついでに、その連休のうちの2日...
海外 Overseas

インドネシア鉄道の旅「Taksaka」号でジョグジャカルタへ

2018年9月のインドネシアへの乗り鉄旅行の中で、首都のジャカルタからジャワ島東部の古都、ジョグジャカルタまで移動する旅程だったのだが、移動はやはり鉄道でしょうということで、列車での移動を敢行した。 本稿では、ジャカルタ発ジョグジャカルタ...
海外 Overseas

ジャカルタ コミューター電車 日本の車両に乗車【2日目】

2018年9月にインドネシアの首都、ジャカルタにある近郊鉄道網、コミューター鉄道の乗り鉄を2日間にわたり楽しんだ。 本稿では、その2日目にジャカルタから、その南50kmのところにあるボゴール(Bogor)まで往復した様子をまとめたい。 ...
海外 Overseas

ジャカルタ コミューター電車 日本の車両に乗車【初日】

2018年9月、インドネシアの首都ジャカルタを旅行して、近郊電車網であるコミューター鉄道、KRLジャボタベック(KRL Jabodetabek)の乗り鉄三昧をしてきた。 何がこの鉄道の特色なのかというと、鉄道の車両が日本の東京圏で使われて...
西日本・四国

和歌山電鐵貴志川線乗り鉄~スーパー駅長とご対面♪

和歌山電鐵貴志川線は、和歌山市のJR和歌山駅と、和歌山県紀の川市の貴志駅を結ぶ14.3kmのローカル線であるが、「たま駅長」で有名で、ご存知の方が多いのではないだろうか。 和歌山県にはなかなか足を運びにくかったのだが、今回行ける機会を得た...
関東・甲信越

房総サイクルトレイン「B.B.BASE」佐原コース体験【2018年版:いざ乗車!】

2018年から千葉県内を走りだしたサイクルトレイン「B.B.Base」号。東京両国駅から千葉県内の4か所の目的地に自分の自転車(スポーツバイク)と一緒に気軽に移動できる列車です。 基本はサイクリストのための移動列車ですが、にわかサイ...
関東・甲信越

房総サイクルトレイン「B.B.BASE」佐原コース体験【2018年版:予約購入まで】

2018年から千葉県房総半島に向けて運行されている、サイクリスト向けの観光列車「B.B.BASE」。運行当初は、この列車を利用するには一つの旅行商品として、当時あった「びゅうプラザ」で予約購入しました。 本稿では、運行開始当時の列車...
運賃制度

東武小泉線・伊勢崎線環状経路 乗り鉄

東武伊勢崎線の路線図を眺めていると、東京方面から伊勢崎・赤城方面に向かう経路には、東武伊勢崎線と小泉線の2経路があることがわかる。館林駅(群馬県館林市)から太田駅(群馬県太田市)に向かう場合、伊勢崎線で足利市駅(栃木県足利市)を経由する経路...
運賃制度

「タッチでGo!新幹線」「モバイルSuica特急券」と紙のきっぷの運賃・料金比較【参考】

【注意事項】 「タッチでGo!新幹線」のキャンペーン価格および「モバイルSuica特急券」のサービスが2020年3月13日をもって終了となっています。したがって、本稿に掲載されている運賃・料金の金額は正確ではありません。過去にはこんなに運...
運賃制度

「タッチでGo!新幹線」ICカードで新幹線乗車【利用登録・乗車の仕方】

東北・上越・北陸新幹線の首都圏内の一部区間で、交通系ICカード1枚で普通車自由席に乗車できるサービスの「タッチでGo!新幹線」(2018年4月から利用開始)。このサービスによって、会員登録やクレジットカードなしに、新幹線の自由席に運賃チャ...
きっぷ鉄(紙券)

都営地下鉄の補充券ゲット!(駅名式)

2018年度初日のトピックとして、都営地下鉄の補充券について語りたい。 都営地下鉄の補充券の入手は、他の鉄道会社に比べて、かなりハードルが高い印象を受ける。 筆者も入手を試みたことがあるが、ここ最近は入手できた実績がない。 ネット...
関東・甲信越

小田急ロマンスカー「メトロえのしま」号|特急券購入・乗車体験

東京メトロ千代田線に乗り入れている小田急ロマンスカー。2018年3月17日から「メトロえのしま」号がそのラインアップに追加され、北千住駅(東京都足立区)から片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)まで特急列車1本で向かえるようになりました。 ...
関東・甲信越

小田急ロマンスカー「ふじさん」号 きっぷの買い方&乗車体験

小田急線の新宿駅とJR東海御殿場線の御殿場駅を結ぶ特急ロマンスカーの名称が、2018年3月17日から「あさぎり」号から「ふじさん」号へと変更になりました。 列車の運行形態や運賃・料金額には変更は特にありませんでしたが、小田急線が複々...
関東・甲信越

「SL大樹」6号(東武鉄道)乗車体験:お守りゲット!

栃木県日光市にある東武鉄道下今市駅と鬼怒川温泉駅を結ぶ鬼怒川線には、2017年夏からSL大樹号が運行されているが、本稿では、前稿のSL大樹5号に引き続き、2018年2月のある土曜日の夕方にSL大樹6号に乗車した時の様子を紹介したい。(前稿の...
関東・甲信越

「SL大樹」5号(東武鉄道)乗車体験

SL大樹号は、東武鉄道鬼怒川線の下今市駅(栃木県日光市)と鬼怒川温泉駅(栃木県日光市)とを結ぶSLリゾートトレインで、2017年8月より運行されている。土日を中心に運行されていて、1日当たり3往復である。 筆者はSL大樹1号から6号の...
きっぷ鉄(紙券)

まだまだ手売りきっぷが健在:東武鉄道のお話

本稿では、久々に手売りきっぷのお話を展開したい。 鉄道における出札業務は端末による自動化・合理化が当然であると一般的には思われているかと思う。 ところが、首都圏でも最近きっぷを手売りで発行する場面を見かけることが多くなってきた。 ...
フード・お菓子

伊豆急下田駅「あじずし」を食す

伊豆半島は海の幸に恵まれているが、駅弁にもよく活かされている。 伊豆急下田駅で売っている駅弁、「あじずし」をいただいたので、少しだけ紹介したい。 伊豆急行線の終点、伊豆急下田駅 静岡県下田市にある、伊豆急行線の終点伊豆急下田駅...
関東・甲信越

「伊豆初日の出」号で初日の出鑑賞!【グリーン車】(2018年新年挨拶)

2018年最初の本稿では、元日早朝に「伊豆初日の出」号に乗って、途中の伊豆急行片瀬白田駅(静岡県東伊豆町)で見られる初日の出を鑑賞した様子を共有したい。東京都心の品川駅に、伊豆急行のリゾートトレイン車両、リゾート21黒船電車が入線するレアな...
運賃制度

えきねっとトクだ値 2017年分の利用記録

2017年も今日で最後になったが、2017年にも、えきねっとのネット限定運賃、えきねっとトクだ値を何回か利用したので、その利用記録をここで振り返っておきたい。 本稿で挙げるのは、関東近辺の近場の目的地ばかりであるが、新幹線と在来線では価格設...
関東・甲信越

「HIGH RAIL 1375 星空」号|乗車体験【夜の部】

「HIGH RAIL 1375 星空(ハイレール イチサンナナゴ ホシゾラ)」号は、JR小海線を夜間に走る観光列車です(「のってたのしい列車」とも呼ばれます)。夜間に走るのは、観光列車としては珍しい部類に入ると考えます。 小海線は、...
関東・甲信越

「HIGH RAIL 1375」号|きっぷの準備&乗車体験【昼の部】

八ヶ岳の山麓にある小淵沢駅(山梨県北杜市)から小諸駅(長野県小諸市)までの78.9kmを結ぶローカル線、JR小海線。 さわやかな高原を通る小海線にも、「HIGH RAIL(ハイレール イチサンナナゴ)」号という観光列車が週末を中心に...
フード・お菓子

フルーツピークスのスイーツを首都圏でも

福島県の磐越西線などを走るカフェ列車の「フルーティアふくしま」号の記事を別稿で紹介しているが、その列車で出されるスイーツのケーキとタルトは、福島県にある果物屋さんのフルーツピークスさん(fruits peaks)の商品である。列車で提供さ...
運賃制度

「スマートEX」利用体験(新幹線予約)【実乗】

本稿では、東海道・山陽新幹線の新しい予約・乗車システムである「スマートEX」サービスを実際に利用し、交通系ICカード1枚ですべての乗り降りができてしまう利便性の良さを共有する。 実際に移動したのが、発駅は、TOICAエリアである東海道線吉...
運賃制度

「e特急券」利用体験:おトクに新幹線に乗車!【エクスプレス予約】

東海道・山陽新幹線では、特定のクレジットカードとネットを利用した「エクスプレス予約」(会費有料)を利用できる。所定の運賃・料金よりもかなりおトクに乗車できるのだが、以下のような制約・弱点があることを留意する必要がある。 その弱点をカバーする...
運賃制度

「スマートEX」と「EX予約」(新幹線予約)違い【運賃料金比較・予約のしかた】

本稿では、東海道・山陽新幹線のネット予約サービスである、「スマートEX」と既存の「エクスプレス予約」(従前のプラスEX会員を含む)の主な違いについて解説したいかと思う。 公式サイトではその違いがいまいちわかりにくいのだが、その違いの大きなと...
運賃制度

「スマートEX」(新幹線予約)【新規登録のしかた】

東海道・山陽新幹線のネット予約サービスである、「スマートEX」のサービスが、2017年9月30日から開始されたが、筆者も既存のエクスプレス予約との違いが知りたくて、実際に登録して予約の仕方まで確認したので、それを共有しようかと思う。 スマ...
関東・甲信越

わたらせ渓谷鐡道「トロッコわたらせ渓谷号」乗り鉄

本稿では、群馬県桐生市と栃木県日光市(旧足尾町)を結ぶ、わたらせ渓谷鉄道のトロッコ列車をご紹介したい。 この路線は、国鉄時代の足尾線の廃止後、第三セクターに移行した路線で、北関東の一ローカル線である。そのローカル線に、週末を中心にトロッコ...
関東・甲信越

「S-TRAIN」乗車体験【東急電鉄区間のみ】

S-TRAINは、西武鉄道が主体になって、東京メトロ副都心線と東急電鉄東横線・横浜高速鉄道に乗り入れを行う座席完全指定制の電車である。座席指定料金が有料の、ホームライナーのような電車である。車両は、西武鉄道の40000系が使用されている。 ...
運賃制度

地下鉄千代田線とJR常磐線各駅停車 運賃の怪奇【基本編】

普段何気なく乗車している東京メトロ千代田線。相互乗り入れしているJR東日本の常磐線(各駅停車)との運賃計算方法が、恐ろしく複雑怪奇です。 例えば、JR常磐線金町駅(東京都葛飾区)からJR山手線高田馬場駅(東京都新宿区)といった区間を...
きっぷ鉄(紙券)

新幹線乗車で「東京近郊区間」を外れる小ワザ~70条と端末処理を考える~

JR線の乗車券を駅の「みどりの窓口」で購入する際、大部分はマルス端末から発券された磁気券を手にすることと思います。 しかし、手売りの常備券や補充券(非端末券)が完全に消滅したわけではありません。日本列島はとても広く、全国のすべてのJ...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました