ハンドルネームの由来&画像投稿に当たっての考え方

スポンサードリンク

筆者が展開する本ブログ「にゃっぽりんごを召し上がれ!」を日頃ご愛読くださり、誠にありがとうございます。

2015年5月から雑多な話題で投稿を始めましたが、2017年10月に鉄道中心のブログとして独立させてから、かなり時間が経ちました。

本稿では、筆者のハンドルネーム「にゃっぽりんご」の由来を読者の皆さまに明かし、そして各記事中における乗車券類の画像投稿に当たって、筆者が基準としている考え方についてお話ししたいと思います。

ハンドルネーム「にゃっぽりんご」の由来

JR日暮里駅(東京都荒川区)のキャラクターだった猫の「にゃっぽり」にインスパイアされたのが、このハンドルネームを使い始めたきっかけです。

筆者がこのブログを始めた時に住んでいたのが東京都足立区で、東京都心に向かうのに日暮里駅を日頃利用していました。そんなわけで、このキャラクター「にゃっぽり」を駅でよく目にしました。にゃっぽりが世に出てから既に10年が経ち、現在表に登場することがめっきり少なくなった印象です。

このブログでは、単なる鉄ヲタのための情報発信に終わることなく、マニアックな情報を一般の方々にも広めることを目指しています。そのために、平易な文章と豊富な画像を使用して、分かりやすく優しいコンテンツを制作することを心がけています。

そのためには、親しみやすいハンドルネームを使いたいと考えて、単に「りんご」を付けましょうというお話です。本ブログのコンテンツである、おいしいりんご(価値ある記事)を皆さまに召し上がっていただきたいという意味です。

乗車券類画像掲載に当たっての筆者の考え方

本ブログでは、運賃計算などのベースとなる鉄道営業に関する規則を深く扱っています。そして、それら営業規則の表れが紙のきっぷであり、乗車券類という形で乗客の目に触れます。言い方を変えれば、紙のきっぷを画像として示すことで、鉄道の複雑な営業制度をわかりやすく説明できることになります。

乗車券類をネット上で広く公開することには賛否両論ありますが、筆者の考え方としては積極的に公開する側に立ちます。乗車券類そのものには著作権は発生しないものと考えています(キャラクターが券面にデザインされたものを除く)。

乗車券類の特徴として、有効期限内においては金銭に交換できる有価証券の性格がある一方、有効期間が終了したものは金銭としての価値が全くなく、ただの紙切れにすぎません。有価証券を複製することは犯罪ですが、金銭的価値がない紙切れについては、どのように処理しても問題なかろうと考えます。

乗車券類が会社の秘密情報に当たるかどうかの観点では、乗車券類の様式が掲載された旅客営業規則が一般に公開され、乗車券類の現物が一般の乗客に流通した時点で公知情報となります。その時点で秘密性がなくなるため、公開できない理由があるとは思えません(なお、筆者は鉄道会社と雇用契約を結んだことがないため、秘密保持の観点で知りえた情報を出せないという縛りはありません)。

特急券や指定席券などの料金券については、列車の出発時刻が過ぎれば、金銭価値がないただの紙切れに変わるため、特別な処理なしに画像を掲載しています。

乗車券については、有効期限が過ぎたら全く金銭価値がなくなるかどうか微妙なところがあります。払戻手数料未満の発行金額の乗車券については、常に金銭価値がないことになりますのでそのまま掲載し、また、使用済として処理された乗車券についても、特別な処理なしに掲載しています。

金銭価値が残っていると判断できる乗車券や非端末券については、画像を加工するなど慎重に対応しています。

乗車券類は基本的に実際に使用する時に発行されるべきものですが、本ブログでは正当事由で発行された乗車券類については、原則的に掲載しています(逆に言うと、正当事由で本来「発行すべき」場合は、非端末券でも処理の上、躊躇なく掲載しています)。

乗車券類を実際に使用せず、記念に購入するために発売していただく場合も考えられますが(いわゆる趣味発券)、その場合いろいろと悩みます。

実際の乗車のための運送契約を結ぶわけではないため、必ずしも発売してもらえるわけではなく、ご好意に甘んじる形になります。趣味発券の場合、そんなわけで鉄道会社が自らそれらを広報していない限りは、筆者はその乗車券類を掲載しないことにしています(過去には、うかつに載せてしまったものもありますが)。

乗車券類を発行してもらわないことには成り立たない趣味なので、鉄道会社よりも立場が弱いと思っています。各々の乗車券類について、情報発信してほしいという気を感じたら発信し、逆に発信しないでくれという気を感じたら発信しないだけのことです。

最後に、いつも好意的に対応してくださる鉄道会社の職員の方々に感謝を申し上げた上で、本稿を締めたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました