えきねっと

スポンサードリンク
運賃(おトク!)

「えきねっとトクだ値」キャンセル料のワナ

JR東日本・北海道内特急列車のネット限定割引運賃「えきねっとトクだ値」が盛り上がっている。本稿を執筆している2020年10月現在では、新幹線や多くの在来線線区に所定運賃・料金の50%引きの「えきねっとトクだ値スペシャル」が絶賛販売中で、旅...
運賃(おトク!)

「えきねっとトクだ値」設定区間外でもおトクに利用!

JR東日本・北海道内の新幹線や在来線特急の運賃・料金が割引で購入できる、ネット限定の「えきねっとトクだ値」。本稿の執筆時では、新幹線をトクだ値料金で乗車する場合、新幹線eチケットで乗車することになり、交通系ICカードもしくは対応するスマホ...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」ICカードの事後登録・領収書・紙券発行方法

2020年3月に、チケットレスでJR東日本管内の新幹線(*)に乗車できるサービス「新幹線eチケット」が始まった。手持ちの主な交通系ICカードやAndroidスマホ(モバイルSuica)、iPhone(Apple PayのSuica)を、え...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」チケットレスで乗車体験!

2020年3月のダイヤ改正から開始された「新幹線eチケット」のサービス。東海道・山陽新幹線の「スマートEX」に類似したチケットレス乗車のサービスがJR東日本管内の新幹線(*)にもようやく導入されたが、筆者も早速このサービスを利用して東北新...
運賃(おトク!)

「新幹線eチケット」ICカード登録・予約の手順

JR東日本管内の新幹線 (*) を乗車するのに、紙のきっぷを買うのではなく、スマホや交通系ICカードでチケットレス乗車できる「新幹線eチケット」というサービスが、2020年3月から始まった(*東北・JR北海道の北海道・秋田・山形・上越・J...
運賃(おトク!)

えきねっとトクだ値 2017年分の利用記録

2017年も今日で最後になったが、2017年にも、えきねっとのネット限定運賃、えきねっとトクだ値を何回か利用したので、その利用記録をここで振り返っておきたい。 本稿で挙げるのは、関東近辺の近場の目的地ばかりであるが、新幹線と在来線では価格...
運賃(おトク!)

えきねっとトクだ値 筆者の利用記録 2016年7月-12月分

えきねっとの早割料金である「トクだ値」で利用したJR東日本の列車について記事にするのを失念していたため、今レビューしておきたい。 2016年の後半については、関東周辺の乗車分になるが、鉄道ファンだけではなく、一般の方にも参考になるかと...
運賃(おトク!)

えきねっとトクだ値 筆者の利用記録 2016年1月-6月分

2015年から利用しているJR東日本のインターネット限定の割引運賃、えきねっとトクだ値だが、2016年も何本かの列車で利用することができた。 コチラの前稿(2015年度利用分)に引き続き、2016年1月から6月に乗車した列車の記録を公...
運賃(おトク!)

えきねっとポイントで商品券ゲット!

ネットからJR指定券の手配ができるえきねっと(JR東日本)の利用を重ねてしばらく経つが、ようやくえきねっとポイントがたまってきて、その賞品が自宅に届いてきたので、その顛末をお伝えしたい。 えきねっとのささやかな特典 あまり知...
運賃(おトク!)

えきねっとトクだ値 2015年利用実績 筆者の場合

JR東日本のインターネットでしか購入できない、大幅割引の「えきねっとトクだ値」を2015年に初めて利用して、何本かの列車をトクだ値で利用した。本稿では、利用した列車ごとにコメントを述べていきたい。(年間何名が利用したなどの統計を紹介するので...
千葉県

えきねっと トクだ値 40 購入成功 – 千葉県館山市への交通手段考察

最近乗り鉄で出かけることが多いのだが、気になるのは、その費用だ。JRをはじめとした鉄道会社の運賃・料金は、国土交通省の認可を得たものであるが、それでも新幹線や特急列車に乗ると、金額が結構高く、財布にはかなり辛い。 そこで注目するのが割...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました