JR北海道

スポンサードリンク
東日本(その他)

HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスで道内乗り鉄【後編】

筆者は、2020年7月から同年9月までの期間限定で、12,000円で販売されていた破格のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」を利用して、5日間の道内乗り鉄を楽しんだ(このきっぷは、2021年11月から再発売されてい...
東日本(その他)

HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パスで道内乗り鉄【前編】

2020年7月から9月末にかけて、JR北海道管内で期間限定のフリーきっぷ「HOKKAIDO LOVE! 6日間周遊パス」が販売された。そして、2021年11月5日から、このきっぷが前年と全く同じ条件で再び発売されることになったという朗報を...
東日本(その他)

函館地区のフリーきっぷ「はこだて旅するパスポート」

北海道道南の一大観光地、函館市。市内の観光スポットをめぐるには、市電やバスを利用しての観光が便利である。 函館の街から外に出る時に鉄道を利用する場合、「はこだて旅するパスポート」というフリーきっぷが販売されている。1日用、2日用の2...
東日本(その他)

留萌本線(JR北海道)乗り鉄&記念乗車券類ゲット

2016年12月に北海道にあるJR北海道 留萌本線の末端区間、留萌駅ー増毛駅間が廃止になるというニュースを聞き、同時に記念きっぷを現地限定で発売するという情報を聞き、遠路はるばる北海道まで向かった。別稿では簡易委託駅での券鉄を掲載しているが...
東日本(その他)

北海道内JR駅における乗車券類出札の簡易委託

北海道内のJRのいくつかの小駅において、2016年に入ってから駅業務をJR北海道が撤退して、出札業務だけを地元自治体(市町村)や地元企業が簡易委託という形で引き受け、辛うじて無人駅でない状態で存続している。それらの駅には、特急列車の停車駅も...
運賃(おトク!)

内方乗車の賢い例をもう一題:100km前後の乗車券の例

内方乗車については前稿でご紹介したとおりであるが(コチラ)、往復割引乗車券を利用した賢い内方乗車とは一味違う、別の内方乗車を経験したので、本稿ではそのメリットを紹介したい。 営業キロと運賃計算キロに食い違いが生じないJR幹線だけの経路...
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました