「伊勢鉄道」きっぷ鉄ガイド

伊勢鉄道普通列車鈴鹿駅にて きっぷ鉄(紙券)

三重県北部の河原田駅(三重県四日市市)から県庁所在駅の津駅(三重県津市)までの区間をショートカットで結ぶ、第三セクターの伊勢鉄道。

路線の両端がJR線に接続していて、快速「みえ」号や特急「南紀」号が線内の鈴鹿駅(三重県鈴鹿市)に停車します。そのため、伊勢鉄道線とJR線との連絡運輸のバリエーションが豊富です。伊勢鉄道自身で管理している駅は鈴鹿駅のみで、津駅では出改札管理をJR東海や近鉄に委託しています。

そのような背景で、伊勢鉄道線内の駅で購入できるきっぷは、とても多様です。筆者も、2016年に伊勢鉄道鈴鹿駅を訪問する機会が得られました。その時、手売りのきっぷを何枚か購入しました。

この記事では、伊勢鉄道の駅の中で、鈴鹿駅と津駅で手売りきっぷを購入した体験をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

第三セクターの伊勢鉄道

伊勢鉄道は、旧国鉄伊勢線の廃止後に経営を受け継いだ鉄道会社です。しかし、他の第三セクター鉄道会社と比べると、ちょっと異色です。

路線の両端がJR関西本線と紀勢本線につながっているので、線内を走るローカル普通列車の他に、JR東海から特急「南紀」号と快速「みえ」号が乗り入れます。それで、鈴鹿駅には全列車が停車します。にもかかわらず、JR東海の経営ではないのがミソです。営業面では、記事が一本でき上がるくらい複雑です。

場所が違いますが、かつて寝台特急「北斗星」号や「カシオペア」号が乗り入れていた「青い森鉄道」と「IGRいわて銀河鉄道」には、それらの列車の乗り入れ収入がありました。同じように、伊勢鉄道もJR東海との直通列車に関する乗り入れ収入がかなりあると思われます。地理的に競争相手には劣勢ながらも、他の第三セクター鉄道会社よりは経営に余裕があるのでは、と推察します。

伊勢鉄道線の区間は、全線で近畿日本鉄道(近鉄)と競合しています。現在でも、近鉄線が利便性、料金面で圧倒的に有利です。そんなわけで、近鉄に実際かなうわけがなく、伊勢鉄道の前身である旧国鉄伊勢線が廃止に追いやられたのだと考えます(中遠距離の都市間輸送手段として、伊勢鉄道に日常乗車するのは、あまり考えられません)。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

鈴鹿駅へのアクセス

快速みえ号鈴鹿駅にて

今回実際に乗車したのは、津駅から鈴鹿駅までの区間を、特急南紀号と快速みえ号で往復したにすぎません。鈴鹿駅で時間をつぶせる施設などは全くないのですが、一味変わったきっぷ鉄体験ができたことは確かです。

鈴鹿駅へは、特急「南紀」号か快速「みえ」号に乗車して、名古屋駅か津駅からアクセスします。快速みえ号は、名古屋駅から伊勢市、鳥羽駅まで運行している列車で、乗車券だけで乗車できるので、コスパは悪くありません(指定席は追加で指定席券が必要)。

降り立った鈴鹿駅は、国鉄時代と全く同じ雰囲気で、懐かしい昭和の香りが漂ってきます。駅めぐりだけでも十分楽しめます。

鈴鹿駅駅名標

駅舎の外見は、国鉄時代の駅らしく、シンプルです。あいにく雨に降られたので、冷たかったです。

伊勢鉄道鈴鹿駅駅舎

鈴鹿駅の駅舎は、高架線の下にある小さなプレハブ小屋です。そこに職員さんがいます。改札業務は行わず、日中時間限定で出札業務が行われています。きっぷうりばには、いろいろな張り紙があります。その中で、指定券はこの駅では購入できず、周辺の旅行会社で購入するよう案内がありました。

伊勢鉄道鈴鹿駅きっぷうりば

インフラとしての線路自体は高規格で整備されていて、河原田駅方は線路が複線と立派な施設です。非電化の複線は結構迫力があって、筆者的には眺めていて好きです。ローカル区間の普通列車用の車両も新しくて、きれいな車両です。

伊勢鉄道鈴鹿駅
スポンサードリンク
スポンサードリンク

発売されているきっぷの数々

このような鈴鹿駅なので、きっぷうりばにはマルス端末が設置されていても適切に感じます。しかし、コストがかかるのか、設置されていません。それゆえ、タイムトリップしたかのような古い様式のきっぷがいまだに販売されているわけです。

補充券

硬券も口座がいくつか設備されていますが、補充券もいろいろな様式が一通りそろっています。また、伊勢鉄道で発行されている乗車券類の用紙に印刷されている地紋が同社オリジナルで、これも興味深いところです。

● 出札補充券

写真の左側は、伊勢鉄道線内用の補充券です。線内すべての駅に硬券が設備されているはずがないので、補充券の出番です。そして、写真の右側は汎用の出札補充券です。

完全な趣味発券に応じてくれるわけではなく、あくまでも硬券などの常備券がない区間に限って発行してもらえます。伊勢鉄道については連絡運輸範囲が広範なので、かなり応用的な発券がされているようです。

汎用出札補充券の様式自体は、JR線に直結しているだけに、JR各社のものと同一です。ただし、前述したとおり、地紋が異なり、同社オリジナルです。

伊勢鉄道乗車券類
2016年5月現在の値段

● 料金専用補充券

伊勢鉄道線には特急列車が乗り入れているため、料金専用補充券(料補)も存在します。まずは、伊勢鉄道線が絡む料補です。これも、JRの様式に準じています。

指定券の取り扱いはなく、自由席券のみ購入可能です(指定券の購入は、近隣の旅行会社に行くよう案内があります)。

同線オリジナルの料補だけではなく、JR東海区間の料金券も委託発売していて、JR東海の料補が発行されます。名古屋駅から新幹線や特急列車に乗り継ぐ旅客の便宜を図って、発売していると思われます。どのような列車の料金券でも発券してくれるわけではないでしょうが、近隣の区間ならばスムーズに購入できると思います。

伊勢鉄道乗車券類
2016年5月現在の値段

常備券(硬券・軟券)

【津駅】

津駅西口近鉄窓口では、伊勢鉄道線の硬券が発売されています。この窓口はかなり特異で、JR線の金額式軟券も発売しています。ただし、口座数は最小限のようです。

東口JR東海の出札窓口でも何らかの券を購入できるはずですが、筆者はまだ入手していません。

伊勢鉄道乗車券類
2016年5月現在の値段

【鈴鹿駅】

鈴鹿駅では入場券も発売されていて、小児専用の様式が存在します。改札業務は行っていないものの、入場券は一応用意されています。

鈴鹿駅発の普通乗車券は、着駅名が表示された一般式で、社線内および連絡を問わず、様式がシンプルです。サイズはエドモンソン券B型です。津駅ゆき、四日市駅ゆき、名古屋駅ゆきは、実需がかなりあるようです。

津駅ゆきと名古屋駅ゆきの特急券は硬券の常備口座がありますが、あまり売れていないようです。この特急券のサイズは、エドモンソン券A型です。

伊勢鉄道乗車券類
2016年5月現在の値段

鈴鹿駅で対応してくれた駅員さんは、かなりの高齢の方でした。出札業務には精通しているようで、淡々と処理されていました。きっぷ鉄には好意的でも批判的でもなく、中立な感じでした。要望に応じてくださり、この場にて感謝申し上げます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

おまけ:JR東海車発券・常備券

最後に、特急「南紀」号車内で支払った伊勢鉄道線の運賃の車発券を紹介して、この記事をしめたいと思います。

伊勢鉄道乗車券類
2016年5月現在の値段

改訂履歴 Revision History

2016年5月14日:初稿

2022年12月15日:初稿 再構成

2023年02月13日:初稿 修正

コメント

タイトルとURLをコピーしました