「えきねっとトクだ値」筆者の利用記録【2016年1月-6月】

北陸新幹線E7系東京駅にて デジタル鉄(ネット)

JR東日本のネット限定の割引運賃「えきねっとトクだ値」。筆者も、2016年中に何回か利用しました。

この記事では、2016年1月から6月にかけて、筆者が「えきねっとトクだ値」料金を利用して乗車した列車のきっぷを、記録として残しておきたいと思います。この期間に乗車したのは、ほとんどが新幹線でした。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

まだまだ紙のきっぷが全盛

北陸新幹線E7系

2016年当時は、新幹線のきっぷを含め、「えきねっとトクだ値」料金で取ったきっぷは、紙のきっぷを駅で引き取る形でした。えきねっとで予約したチケット、特に「トクだ値」については、駅でのきっぷ引き取りを面倒に感じる方もいるのではないでしょうか。

もしも、えきねっとトクだ値でとれたチケットを自分の家のプリンタで印刷し、QRコードなどが印字された用紙をそのまま自動改札機にかざして利用できたらと考えました。そうすれば乗客的にも便利だし、JR側にも紙券発券の大幅なコストダウンにつながると考えたことがあります。

結局、2020年「新幹線eチケット」実装でこの課題が解決されました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

銚子ー東京間 しおさい号 【未使用】

トクだ値40(40%割引)

特急しおさい号トクだ値

犬吠埼で初日の出を拝んだ後に乗車するはずであった列車のきっぷです。実は、この電車には乗り遅れてしまい、乗車できずにきっぷが紙くずになってしまったのです。。。

この区間のトクだ値割引率は、平日25%、土休日40%と違うので注意が必要。元日は祝日だったので、40%引きで、2,590円捨てただけですみました。

2.590円という料金は、同区間を走る高速バスとほぼ同額です。所要時間では鉄道が勝つので(2時間弱。バスは約2時間半)、平日が25%割引といくらか価格設定が強気なのでしょうか。銚子駅からは、時間とコストのバランスを考えて、鉄道(特急)にするかバスを利用するか考えたいです。

ちなみに、後続の特急列車に自由席特急券を購入して乗車するとすれば、約1,300円の追加出費となるところでした。

特急「しおさい」号はじめ、房総特急の「えきねっとトクだ値」料金については、現在チケットレス特急券のみとなりました。乗車券込みのきっぷは現在発売されていません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

上野ー郡山間 東北新幹線 やまびこ133号

トクだ値30(30%割引)

やまびこ133号トクだ値

乗車1か月前から13日前のみに予約可能な「お先にトクだ値」を利用しました。

このきっぷは普通車用ではなく、グリーン車用です。列車によっては、グリーン車にもトクだ値の設定があります。

東京・上野駅から郡山駅~仙台駅の間のトクだ値は、「はやぶさ」「はやて」号には設定がありません。仙台駅発着の「やまびこ号」に限って、グリーン車を含めて設定があります。仙台駅まで通しで乗車する場合、トクだ値の使い勝手が悪いです。

たとえ、東京ー盛岡間のやまびこ41-60号が郡山駅に停車するからといっても、「トクだ値」の対象列車ではありません。この区間を「トクだ値」料金にて乗車できないことに留意する必要があります。

あくまでも筆者の主観にすぎませんが、東北新幹線の長距離区間、仙台駅以北の駅や上越新幹線と違って、東北新幹線の仙台駅以南の近距離の駅については、高割引率の「お先にトクだ値」が比較的取りやすいように感じます(前者の路線・区間の「お先にトクだ値」は、1か月前の10時で瞬殺になる印象があります)。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

郡山ー上野間 東北新幹線 やまびこ150号

トクだ値30(30%割引)

やまびこ150号トクだ値

郡山駅からの帰りには、普通車を利用しました。

言うまでもありませんが「お先にトクだ値」の高割引率のきっぷは、グリーン車よりも普通車のほうが取りにくいです。

上野ー軽井沢間 北陸新幹線 あさま605号

トクだ値30(30%割引)

あさま605号トクだ値

東京ー長野間の北陸新幹線「あさま」号にも「トクだ値」料金の設定があります。東京から軽井沢や長野まで出かけるには、割安に移動することができます。普通車、グリーン車ともに設定があります。

なお、東京ー長野間を「あさま」号ではなく「かがやき」「はくたか」号に乗車する場合、「トクだ値」の設定がないことを留意しましょう。

軽井沢ー上野間 北陸新幹線 あさま654号

トクだ値35(35%割引)

あさま654号トクだ値

この列車は上野駅終着となるためか、トクだ値の割引率が35%と高かったです。筆者は、本記事の執筆当時、上野駅の利用が便利だったので、なおよかったです。

軽井沢駅にもはくたか号が停車するが、トクだ値設定はないので注意したいところ。

きっぷを持ち帰る際、上野駅で券面に大きなパンチ穴が開くようになってしまいました。上野駅に限らず、最近の東京都心の駅は、業務手順がかなり厳格です。同じパンチ穴でも大の方は少し残念なのだが(小穴歓迎)、持ち帰らせてくれるだけよしとしたいです。

上野ー浦佐間 上越新幹線 とき321号

トクだ値35(35%割引)

とき321号トクだ値

実際に乗車した区間は、上野ー越後湯沢駅間でした。その区間には「トクだ値」の設定がなく、浦佐駅まで購入したほうが損得勘定的におトクです。浦佐駅までの「トクだ値」を購入しました。いわゆる「内方乗車」というワザを利用していますが、JR東日本も「トクだ値」のホームページでその方法を認めています。

それにしても、越後湯沢駅利用者にとって、「トクだ値」の恩恵にあずかりにくいです。

越後湯沢駅は指定席券を含め、着札の回収には比較的神経質な駅ですが、普通の券ならば持ち帰りさせてもらえます。

新潟ー上野間 上越新幹線 とき346号

トクだ値35(35%割引)

とき346号トクだ値

これも、「お先にトクだ値」です。1か月前に仕込んだものです。

新潟ー東京間で、新幹線で6700円程度というのは、やはりお手頃感があります。新幹線が高速バスに比べて時間的優位にあって、価格も強気かと思いきや、席数限定とはいえ、なかなかリーズナブルです。

富山ー東京間 北陸新幹線 とき528号

トクだ値10(10%割引)

かがやき528号トクだ値

北陸新幹線の長距離区間にある割引は、2016年当時普通車だけの10%割引でした(現在「お先にトクだ値」設定もあります)。逆に言えば、割引率が比較的低いものの、間際までトクだ値料金で予約しやすいことにもつながります(もちろん多客期を除く)。

改訂履歴 Revision History

2016年8月04日:初稿

2022年12月21日:初稿 再構成

2023年4月08日:初稿 修正

コメント

タイトルとURLをコピーしました