「東武鉄道」意外な場所で手売りきっぷを購入!【改訂版】

SL大樹号東武ワールドスクウェア駅にて 東武鉄道


首都圏最大の路線ネットワークを持つ、東武鉄道。輸送形態が多様な分、発行されるきっぷも端末券から手発行の常備券・補充券まで多様です。

補充券をはじめとする手売りきっぷは、きっぷ鉄に根強い人気があります。現在縮小傾向とはいえ、東武鉄道ではいまだ手売りきっぷの発売が継続しています。筆者個人的には、同社のウリの一つではないかと思います。

この記事では、東武ワールドスクウェア(栃木県日光市)における乗車券類の委託発売に特化して、発売の実情や筆者の購入体験をお話しします。発売券種や範囲は限定されますが、すべてのきっぷが手売りで発売されています(ただし、レシート化された券種もあります)。

東武鉄道の他駅発行の手売りきっぷや、JR線との連絡マルス券については、筆者が投稿した包括的な別記事を参照してください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

東武ワールドスクウェア駅

東武ワールドスクウェア駅駅舎

2017年夏に開業した東武ワールドスクウェア駅(栃木県日光市)は、テーマパーク「東武ワールドスクウェア」の最寄り駅です。特急列車や「SL大樹」号も停車する主要な駅ですが、実は無人駅です。

東武ワールドスクウェア駅は、鬼怒川温泉駅と小佐越駅の中間にある駅です。かつては、運賃計算上隣の小佐越駅扱いでした。現在では、東武ワールドスクウェア駅にも営業キロが設定され、運賃計算上も一つの駅として扱います。

東武ワールドスクウェア駅の駅舎内では、きっぷを購入できません。東武ワールドスクウェアの営業時間に限り、同パーク内のサービスカウンターにて東武線の乗車券類を購入できます。

この駅の駅舎内には、現在に至るまできっぷの自動販売機が設置されていません。全列車が停車する駅にもかかわらず、駅構内できっぷを購入することができない珍しい駅です。

東武ワールドスクウェア駅駅舎

改札窓口はカーテンで閉められていて、中には人がいません。交通系ICカードを利用しない場合、「乗降車駅証明書」を乗車前に取る必要があります。この証明書を持って乗らないと、特急料金に車内料金が加算される上、降りる駅でもめることになるかもしれません。注意したい点です。

東武鉄道乗降車駅証明書

きっぷを他の駅であらかじめ用意できず、「乗降車駅証明書」を取って無札で特急列車に乗車することも十分にありえます。その場合は車掌に申し出て、運賃と特急料金を車内で精算します。

その場合、レシート状の車内特急券が発行されます。ただし、列車の混み具合によっては座席の指定がされるとは限らないので、要注意です(この場合、座席指定された特急券を持っている人に席を譲らなければならないのが不利な点です)。

東武ワールドスクウェア駅駅舎

駅舎には、東武ワールドスクウェアの営業時間帯に限り、パーク入口のサービスカウンター(入園券売場)で東武線のきっぷを購入できると掲示されています。

東武ワールドスクウェア駅

ただし、列車内から見える位置には「乗車券・特急券は、東武ワールドスクウェア駅では販売しておりません」と書いてあってトリッキーです。小さな字をよく読めば園内できっぷを買えることが分かりますが、ぱっと見そうは思えません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

東武ワールドスクウェアでのきっぷの委託販売

東武ワールドスクウェア駅きっぷ発売窓口案内
きっぷの購入窓口に関する案内

東武ワールドスクウェアへの来園者に対する便宜提供として、東武線の乗車券類が付随的に発売されていると思料します。したがって、本来はパークを楽しんでから帰りのきっぷを購入できるサービスと考えるのが自然でしょう。

とはいえ、東武線内のきっぷのみを購入したい場合でも、発売の対応をしてもらえます。ただし、東武線の有人駅のように本格的な端末が設置されていないため、きっぷの発行まで時間がかかることを留意したいところです。

パークのサービスカウンターでの発売業務は、あくまでも「委託」で、業務が限定されています。したがって、東武線の駅で購入できるすべての目的地や列車のきっぷをもれなく買えるわけではありません。実際に買えるのは、基本的に当日使用する次の券種です。

● 当駅発の普通乗車券

● 東武特急の定期列車の特急券・普通乗車券(近隣の他駅発可)

来園者の実需に見合ったきっぷは大体買えますが、往復乗車券や臨時列車の特急券など、イレギュラーなきっぷは発売していないとのことです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

初めてきっぷを買ってみた【2018年2月】

東武ワールドスクウェア駅駅舎
この建物の中にきっぷうりばはありません

筆者はこのパークを2018年2月に初めて訪問しました。その時帰りのきっぷを持っていなかったので、サービスカウンターにて紙のきっぷを買ってみました。

チケット売り場の一角にある帰りのきっぷ発券窓口には、空席照会用のパソコンが1台あります。しかし、端末券を発券できる機器がないため、情報を手書きで転記したきっぷを受け取ります。そのため、きっぷが出来上がるまで、時間がかかることを知っておきたいです。

実際に買ってみたのが、東武ワールドスクウェア駅から「SL大樹」に乗車して下今市駅まで行き、特急の「きぬ」に乗り換えて、浅草駅まで戻るきっぷです。

東武鉄道乗降車駅証明書と普通乗車券
運賃計算上、以前は小佐越駅扱いでした

東武ワールドスクウェア駅の開業当時、仮駅の扱いだったこの駅発ではなく、小佐越駅発のきっぷとして発売されていました(鬼怒川公園駅ゆきは運賃計算の例外があり、東武ワールドスクウェア駅発の乗車券が例外的に成立)。現在は小佐越駅発ではなく、東武ワールドスクウェア駅発のきっぷが発売されています。

小佐越駅から浅草駅まで、通しの乗車券が補充片道乗車券で発券されました。きっぷの色は水色で、東武鉄道独自の地紋が健在です。裏面の案内からは、JR東日本への連絡運輸が想定されていることが分かります。「スペーシア日光・きぬがわ」号や「日光・きぬがわ」号対策でしょうか。

SL大樹座席指定券
現在はレシート化されています

特急「きぬ」号の特急券と「SL大樹」号の座席指定券は、特別補充券での発券でした。パソコンで座席を割り当てて、特別補充券にその情報を転記して、発行する形です。事由欄は、「座指券」と表記されています。裏面を見ると、これもJR東日本への連絡運輸が想定されています。特別補充券自体の版数も、最新のものと思われます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

再び訪問【2023年1月】

筆者もその後何回か、同パークにきっぷを買いに行っていましたが、2022年7月に動きがありました。

車内で車掌から購入する東武線内の当日分の特急券と座席指定券が、レシート発券に変わりました。従前手書きの立派な車内特急券を入手できなくなったのが、きっぷ鉄には悲報となりました。

そのような状況で、東武ワールドスクウェアの状況はいかがなものか知りたく、再び現地に足を運びました。

特急けごん号特急券

東武線内を走る「けごん」号の当日分特急券です。写真の通り、レシートで席番の情報を渡されるのみです。車内で料金を払う際にレシートを受け取るならまだしも、乗車前によそで買ってくるきっぷがレシートだと、偽造を疑われそうで心配になります。乗車変更や払いもどしの扱いもいかがなものでしょうか。

特急日光号特急券乗車券

これは、東武日光駅発のJR連絡特急「日光」号の特急券と乗車券が一葉にまとまったものです。最寄り駅である鬼怒川温泉駅発分と違い、常備券ではなく特別補充券を使用しています。JR連絡のきっぷは、さすがにレシート化できないようです。

東武ワールドスクウェア駅から鬼怒川温泉駅ゆき乗車券

東武線内の普通乗車券。従前は他駅発の乗車券も発売していましたが、今は当駅発のみに縮小されています。

まとめ

鬼怒川温泉地区の主要観光スポット、東武ワールドスクウェアでは、来園者の便宜を図るために、東武線のきっぷを発売しています。委託箇所のため、取り扱う券種や範囲には限定があり、通常買えるきっぷは定型的なものです。現在の業務範囲はかなり縮小されましたが、それでも多様なきっぷの様式を目にできます。

きっぷを発券するための端末が設置されていないため、手売りのきっぷが提供されます。当日分の特急券がレシート化されてしまいましたが、たまには変わったきっぷで列車に乗りたいという場合には好適です。

改訂履歴 Revision History

2018年2月24日:初稿

2022年7月26日:初稿 再構成

2022年8月08日:初稿 修正

2023年01月30日:第2稿

2023年3月31日:第2稿 修正

コメント

タイトルとURLをコピーしました