新幹線

スポンサードリンク
運賃制度

乗継割引の廃止がもたらす鉄道の将来像~乗継割引の利用体験を振り返る~

新幹線と在来線特急列車を乗り継ぐ場合、長年にわたり適用されていた料金低減策の「乗継割引」。多くの人にとって経済的に移動するための助けとなった制度でしたが、2024年3月をもって終息します。 乗継割引の制度は、元々新幹線と在来線特急列車の2個...
鉄オタあれこれ

JR各社の旅客サービスや安全性の低下を危惧する~上下分離が救いとなるか~

2020年から2022年にかけて、鉄道の利用客が一時的に減少し、JRを含む各鉄道会社の決算が軒並み赤字に陥りました。2023年に入り、定期外収入は回復しました。しかし、前年までの赤字決算により、諸々の旅客サービス水準の低下が目に見えて明らか...
運賃制度

乗車券の経路の途中に新幹線を含める|ネット予約・指定席券売機を操作するワザ

新幹線に乗車する際、乗車券の経路には新幹線を含めるのが基本的なルールです。その際、経路の発駅から新幹線に乗車する場合だけではなく、経路の途中駅から別の途中駅までの区間のみ新幹線に乗車する場合があります。 例えば、新宿駅(東京都新宿区)から前...
デジタル鉄(ネット)

エクスプレス予約「e特急券」の活用法~新幹線運賃節約のワザ~

東海道・山陽・九州新幹線の列車をネットで予約し、専用ICカードでチケットレス乗車できる「エクスプレス予約(EX予約)」。IC乗車専用カード「EX-IC」でチケットレス乗車するだけではなく、格安な「e特急券」を買えるのがEX予約会員の醍醐味で...
運賃制度

北千住駅ー綾瀬駅間|普通乗車券の怪~売るか売らぬか~

JR常磐線と地下鉄千代田線が並行する「北千住駅」と「綾瀬駅」の区間。実際に線路を保有し、路線を経営しているのは、東京メトロ(東京地下鉄株式会社=旧.帝都高速度交通営団)です。 この区間は、かつては旧国鉄常磐線として運営されていました。地下鉄...
東北・北海道

大人の休日俱楽部パス「東日本・北海道」と「北海道」使い分け【周遊モデルコース】

JR東日本・JR北海道エリアがフリー乗車区間の「大人の休日俱楽部パス」(以下文中「パス」)。大人の休日俱楽部会員本人が期間限定で購入でき、格安で移動できます。 このパスには、両社のエリアともフリー乗車区間の「東日本・北海道」と、各会社のエリ...
デジタル鉄(ネット)

「えきねっとトクだ値」2022年の動向と対策~筆者の利用を振り返り~

JR東日本・北海道管内の新幹線・在来線特急列車、および北陸新幹線に乗車する際に利用できる、ネット限定発売の「えきねっとトクだ値」。 2021年以降、JR東日本エリアにある「みどりの窓口」が、急ピッチで縮小しています。駅できっぷが買えなくて、...
運賃制度

「TRAIN DESK」を活用する(旧称:新幹線オフィス車両)|乗り方・きっぷの準備・利用体験

JR東日本・北海道エリアを走る新幹線の車両の中に「TRAIN DESK」(トレイン デスク)という区画が現れました。 「TRAIN DESK」区画のサービスは、2023年3月から始まりました。2021年から展開されていた「新幹線オフィス車両...
運賃制度

「新在別線」が絡んだ一筆書きのきっぷ~新幹線と在来線の関係の原則と例外~

東海道本線や山陽本線、東北本線といった在来線に並行して走る新幹線。在来線を補強するための新幹線ということで、新幹線も在来線と同じ線路という扱いになっています。 しかし、新幹線の区間の中には在来線と離れているところがあり、その途中に新駅が設け...
運賃制度

東京駅ー仙台駅間を安く移動~「トクだ値」と「大人の休日俱楽部」割引を深掘り~

東北地方最大の都市、杜の都仙台。 大都市である仙台市の人口、今日では100万人を超えています。そんな仙台市と首都圏との間には、大勢の人の往来があります。 首都圏と仙台市を結ぶ主要な交通機関は、東北新幹線ですが、いつも混みあっている印象があり...
スポンサードリンク