連絡運輸

スポンサードリンク
運賃制度

JR七尾線・のと鉄道線|営業形態ときっぷの怪~他社所有区間を営業する上下分離の例~

日本の鉄道では、線路や駅といった施設や車両を鉄道会社が所有し、路線の営業もその鉄道会社が行うのが一般的です。したがって、その鉄道会社の列車に乗車する場合、その会社が発売するきっぷを購入するのが原則です。 しかし、その鉄道会社の線路や施設を所...
運賃制度

「普通手回り品切符」のすべて~「きっぷ」と「切符」の違いとは~

我々が交通機関を利用する時に買うきっぷ。ひらがなで「きっぷ」と表記される時もあれば、漢字で「切符」と表記される時もあります。 これは、単なる漢字の変換ミスでしょうか。実は、ひらがなの「きっぷ」と漢字の「切符」には、きちんとした使い分けが決ま...
運賃制度

「連絡運輸」の現状~急速な縮小を憂う~【対象事業者名一覧】

複数の鉄道会社の区間を直通して旅客や貨物を運送する制度を「連絡運輸」といい、当該事業者間で契約を締結した上で制度を運営します。 連絡運輸によって複数の鉄道会社の区間をまたがって乗車する際、一枚のきっぷを買って当該区間を乗車することができます...
きっぷ鉄(紙券)

「京都丹後鉄道」きっぷ鉄非公式ガイド

京都府丹後地方の日本海沿いの地域を走るローカル線、京都丹後鉄道。 京都丹後鉄道線の玄関口となる福知山駅(京都府福知山市)から宮津駅(京都市宮津市)までを走る宮福線30.4キロ、そして西舞鶴駅(京都府舞鶴市)から宮津駅を経由して豊岡駅(兵庫県...
運賃制度

大都市近郊区間相互間で「途中下車」可能な乗車券をつくる~選択乗車と連絡運輸を活用~

JRの大都市近郊区間制度が適用される経路の場合、途中下車ができない代わり、改札口から出場しない限り、任意の経路で大回り乗車できるのは、皆さまご周知のことだと思います。 大都市近郊区間内の移動では、最低区間運賃のきっぷで大回り乗車したいという...
運賃制度

「地下鉄千代田線」と「JR常磐線各駅停車」運賃の怪奇【深掘り編】

相互に乗り入れする、東京メトロ「千代田線」とJR東日本「常磐線各駅停車」。どの駅が境界で運賃制度がどのようなしくみか、あまり意識されていないと思います。調べれば調べるほど複雑で、深い興味を覚えます。 これらの路線の運賃制度がこれほど複雑にな...
東武鉄道

えきねっとで連絡運輸のきっぷを買う【東武鉄道編】

JR東日本のネット予約システム「えきねっと」では、JR線内の乗車券や特急券を予約購入できる他に、JR線と接続する他社線またがりの紙のきっぷ(普通乗車券)も、一部の他社線に限られるものの購入することが可能です。 JR東日本管内の他社線で一番大...
きっぷ鉄(紙券)

【発売終了】えきねっとで連絡運輸のきっぷを買う【小田急電鉄編】

【悲報】JR線と小田急電鉄線との連絡きっぷは、駅のみどりの窓口やネット予約「えきねっと」で購入できた時期があります。しかし、2023年3月18日以降東京圏における連絡運輸が大幅に縮小し、紙の連絡きっぷは非常に限定的になりました。 一時期えき...
運賃制度

遠距離逓減制と連絡運輸を「大人の休日倶楽部」割引きっぷに活かす【えちごトキめき鉄道編】

この記事は、大人の休日俱楽部会員向けの乗車券及び料金券(特急券、グリーン券など)の割引について、連絡運輸もしくは通過連絡運輸がどのように適用されるかを考察する、後半の記事である。 前半では、運賃計算上の遠距離逓減制の原則を最大限活かすため、...
運賃制度

遠距離逓減制と連絡運輸を「大人の休日倶楽部」割引きっぷに活かす【北越急行編】

JR東日本の「大人の休日俱楽部」会員になると、JR東日本・北海道管内の運賃および料金の割引を受けられる。片道・往復・連続いずれかの一件の乗車券において、通算で201km以上JR線に乗車する場合、JR線区間の運賃および料金が割引される(ミドル...
スポンサードリンク